セックスに失敗しない方法~処女編~

初めて性行為を行う女性のことを処女と呼びます。
これは、「一度も性行為を行ったことがない純粋な女性」を指す言葉であり、たとえ一回でも性行為を行った場合は、処女と呼ぶことはできません。
また、相手の彼が童貞であった場合、童貞と処女のセックスと言うのは、色々わからないことだらけで女性にして見たら「怖い」という印象を持ってしまいがちです。
何にしても初体験なので、まだ見えぬ恐怖と戦うことを意味しています。
セックスに失敗しない方法と言うのは、相手に「どういうことをされたら痛い」や「気持ちいい」ということを伝えることです。
お互いにセックスのことを知らないため、男性から見ると「気持よくしてあげないといけない」と思ってしまい、ガンガン腰を振ったりします。
しかし、その行為は女性から見ると「痛い」と感じるだけなのです。
なので、「痛い」と思ったのであれば、そのことを彼に伝えることでセックスに失敗しにくくなります。
また、パートナーは、セックスの前には、長い間キスをしてあげるなどして、彼女の怖いという恐怖心を取り除いてあげるとセックスでも「怖い・不安」という印象を持ちにくくなります。
童貞にしろ処女にしろ、初体験は怖いものなので、まずはじめに不安を取り除いてあげることで、セックスで失敗しにくくなります。